在宅でできる副業として始めやすい「クラウドソーシング」のご紹介!

暮らし
この記事は約9分で読めます。

なんだかこの頃、「副業」という言葉をよく聞くように思いませんか?

 

政府がすすめている「働き方改革」から、一般の会社でも副業OKとするところが増えてきているようですね。

 

そんなに景気がいいとは言えない昨今の状況から、主婦の方でもちょっとしたおこづかい稼ぎをしたいと考えている方が多いんじゃないかなと思います。

 

レオナ
レオナ

少しでも収入が多い方がなにかと助かりますしね♪

 

 

副業として始めやすい、在宅でできる仕事として「クラウドソーシング」という働き方があります。

 

簡単に言うと、インターネットを使って自宅で仕事をするということです。

 

学歴も年齢も性別も一切関係のない働き方ですから、何歳になっていても遅すぎるなんてことはないってところがとっても魅力的です!

 

そんな「クラウドソーシング」についての説明から具体的な仕事内容、仕事をするうえでの注意点など、ご紹介していきますね♪

スポンサーリンク

在宅でできる副業「クラウドソーシング」って何?

 

レオナ
レオナ

一言で言うと、インターネットを利用して、仕事を依頼したり仕事を請け負ったりすることです。

 

そのサービスを行っているところが「クラウドソーシングサービスの会社」となり、それぞれにサイトを立ち上げています。

 

仕事を依頼したい人、仕事を請け負いたい人がそこに登録することによってお互いをマッチングしてくれるんですね。

ですから、時間も場所も選ばず、仕事ができるというわけなんです。

 

ただし、いい面だけでなく、もちろんデメリットもあります。

デメリット

信用情報の見極め

ほとんどの依頼者には当てはまりませんが、中には悪質な依頼者もいます。

 

本人確認が済んでいるなど、信用情報を見極めることが必要になります。

 

大きく稼ぐのは難しい

技術的な専門の仕事は別として、初心者向けの仕事は単価が低く、数をこなさないと大きく稼ぐのは難しいです。

ただし、1ヶ月に数千円から数万円の収入なら比較的容易に稼ぐことはできます。

 

そんなデメリットもありますが、メリットは次のとおり。

メリット

誰でも無料で登録できる

年齢や性別関係なく、誰でも無料で登録することができ、仕事を探せます。

 

面接に行く必要がない

サイトに登録して気に入った仕事に応募するだけなので、わざわざ面接に出向く必要がありませんし、仕事の依頼者に会うこともありません。

 

基本的にはメールでのやり取りとなるので、実際に会って話すようなコミュニケーションが苦手な方でも仕事がしやすいです。

 

オンラインで完結するので時間や場所を選ばない

クラウドソーシングサイトに載っている仕事の中から自分がやりたい仕事が見つかったら、パソコンやスマホだけで、応募→採用→仕事→納品→報酬振込確認といった一連の流れが完結します。

 

納期にさえ間に合えば、自分の都合がつく時間に、自宅でもカフェでも好きな場所で仕事をすることができるんです。

 

 

実際にお仕事をするとなるとどんなサイトがあるのか気になりますよね。

 

クラウドソーシングのサイトはたくさんありますが、その中で初心者におすすめのサイトを3つご紹介したいと思います。

初心者におすすめのクラウドソーシングサイト

ランサーズ

日本で最初にクラウドソーシングを始めたサイトです。

 

老舗という事もあり、登録者数が多いので、仕事の種類や数が圧倒的に多いです。

 

高いスキルを持っている人であれば、オンライン面談などのプロセスを経てプロとしての登録をすることもでき、一般には公開されていない仕事を請け負うこともできます。

 

スキルの幅が広い印象があり、もちろん初心者でも仕事の案件はたくさんあります。

 

サイトはこちら→ランサーズ

 

 

クラウドワークス

ランサーズと肩を並べて、日本最大級のサイトです。

 

後発ではありますが、登録者数や仕事の種類も多く、サポート体制に優れている印象があります。

 

こちらにもプロスキルを持って仕事をされている方々がいらっしゃいますが、比較的ランサーズよりは初心者向けの案件が多いように思います。

 

レオナ
レオナ

私が登録してライターの仕事をしているのもこのサイトです。

 

サイトはこちら→クラウドワークス

 

シュフティ

こちらも手広く展開されているサイトです。

 

名前のとおり、主婦向けの案件が多い印象で、スキルがなくてもできる仕事がたくさんあります。

 

サイト構成も女性に好まれそうな色使いがされていて、とても使いやすいです。

 

サイトはこちら→シュフティ

 

仕事の種類

膨大な種類の仕事があり、全部を書き出すのは難しいのですが、

 

  • アンケート回答
  • ライター
  • エンジニア
  • デザイナー
  • データ入力
  • 動画・画像編集
  • ナレーション
  • 会議等の音声の文字おこし
  • 音楽制作
  • 翻訳           等々

といった仕事が、細かく分けると200種類以上あり、それぞれ仕事の内容によって求められるレベルも違います。

 

例えばアンケートの回答であれば全くスキルはいりませんが、ライターだと依頼主によっては初心者でもOKという場合もありますが、ある程度のスキルを求められる場合もあります。

 

タスクの仕事をやってみる

技術を持っているとか、経験者であれば違ってきますが、全く初めての場合は、応募してもなかなか採用されないことも多いです。

 

実際に私が仕事を始めた時、ライターの仕事にたくさん応募したのですが、最初のテストライティングの段階で、3か所で不採用となりました。

 

その場合、応募も続けながら、タスクと言われているアンケートなどの簡単な仕事をやっていくのもありです。

 

もちろん単価は低いですが、字数の少ないライティングみたいなのもあるので、ライティングをしたい方にとっては練習になりますよ。

 

現在の私は2つの依頼主と継続的にライティングのお仕事をさせてもらっていますが、採用されるまでの間、アンケートや100文字前後の文章などのタスクを80件やりました。

 

このタスクの受注件数も仕事の経験としてプロフィールに載るので、実績を積むという面でもいいとおもいます。

 

仕事に応募する前にやっておいた方がいいこと

仕事の内容をご紹介しましたが、応募する前にまずプロフィールをできるだけ埋める作業をした方がいいと思います。

 

やはり仕事をするうえで、どんな人間なのか、どんなことが得意なのかなど、できるだけ細かい情報を提供した方が、受注できる確率も高くなると思うんです。

 

本人確認・NDA締結

その中でまず、運転免許証などの写しを送って本人確認をとることNDA(秘密保持契約)を結ぶことをやっておいた方がよいです。

 

本人確認は免許証などを画像にして送るだけだし、NDAは必要事項を書くだけなので、それほど面倒ではありません。

 

これらが済んでいるか未だなのかという事は、個人のプロフィールページに載る情報なのですが、やっておかなくても仕事を受注する事はできますし、お仕事を依頼される側でも本人確認やNDA締結はやっていない人もたくさんいます。

 

しかし、顔を見ずに仕事のやり取りをするわけですから、お互いにできるだけリスクを減らしたいと思うんじゃないかなと思います。

 

私も仕事に応募する際は、本人確認済、NDA締結済の依頼者かどうかを最初に確認しています。

本名や住所といった個人情報は、仕事を依頼する側には一切開示されず、クラウドソーシングサービス会社への登録となるので、万が一ちょっと困った依頼主に当たっても自分で直接開示しない限り、個人情報が洩れることはありませんので、安心してください。

 

過去にやってきた仕事を書く

プロフィールでは自分の得意分野をどんどんアピールしましょう。

 

場合によってはプロフィールを見て依頼者側からスカウトされることもあるので、個人情報が洩れないように気を付けながら、できるだけ詳しく書くのがよいです。

 

その他にもエクセルやワードのスキルがどの程度とか、資格を持っていれば載せておくといいと思います。

 

自分がその仕事に充てることができる時間も書いておく

本業としてやる場合は別として、副業の場合は例えば週末だけとか、1日2時間程度とか、仕事を請け負ってもそこに充てる時間が限られている場合が多いと思います。

 

自分が仕事に充てられるおよその時間を書いておけば、こちらもスカウトの際の参考になるので、無理のない程度に記載しておくのがいいでしょう。

 

仕事を受注したら気を付けること

当たり前のことですが、

  • 納期は必ず守る
  • すぐに連絡がとれるようにしておく(外出時はスマホでもできるとか)
  • 万が一納期に間に合わない場合はできるだけ早めに連絡する

ということに気を付けてくださいね。

 

クラウドソーシングの注意点

依頼主の情報確認

こちらの顔や名前など、個人情報が全くわからないまま仕事ができるというのは嬉しいですが、依頼主の方も同じ条件なので、どうしてもリスクがあります。

 

私は経験はありませんが、あれこれ難癖つけて納品物に対する報酬が支払われないとか、ひどい場合は納品後に依頼主のアカウントが消えてしまっていたとかもあるみたいです。

 

完璧にはならないですが、少なくとも依頼主のプロフィールはきちんと確認し、本人確認が済んでいるとかNDAを締結しているというのはチェックしておいた方がよいです。

 

1つの依頼主に固執しない

継続の仕事と思っていても、突然契約が切られることもあるんです。

 

レオナ
レオナ

私の経験ですが、月末に突然「事業を閉鎖する事になりました」と連絡がきて、翌月からの仕事がなくなってしまったことがあります。

 

そんなとき、1つの依頼主の仕事しか請け負っていなかったら、収入がゼロになってしまいますよね。

 

保険をかける意味でも複数の依頼主と契約をしておくのがよいと思います。

 

簡単に仕事ができるということは、簡単になくなってしまうということもあるんだということを念頭に置いておいた方がいいですね。

 

最後に

在宅でできる副業として始めやすい「クラウドソーシング」をご紹介しました。

隙間時間に作業をして、1ヶ月に数千円から数万円のおこづかいが稼げるのは魅力的ですよね。

 

副業を考えている方は選択肢のひとつとして考えてみてはいかがでしょうか!

 

 \副業を考えている方はこちらへ/

コメント

タイトルとURLをコピーしました