子供の寝かしつけ対策!動く絵本「ドリームスイッチ」の効果が素晴らしい

育児
この記事は約11分で読めます。

なかなか寝てくれないお子さんの寝かしつけで、イライラしているパパ・ママに朗報!

寝かしつけにバツグンの効果があると評判の神アイテムがドリームスイッチ」です。

                   引用:https://www.segatoys.co.jp/

 

セガトイズから発売され、2020年2月には販売台数が20万台を突破した大人気商品。

 

オープン価格で17,000円前後というお値段に、おもちゃにしたら少し高いんじゃないかなと思いますか?

実はそんなことはないんです。この先を読めば逆に安いかも・・・と思ってしまいますよ!

 

こんな方に最適!

  • 寝かしつけの時間を少しでも短くしたい
  • 睡眠学習に興味がある
  • 小さいうちから英語に親しませたい
  • 親子の時間を楽しみたい

 

スポンサーリンク

動く絵本プロジェクター「ドリームスイッチ」で親子タイムを楽しむ

「ドリーム スイッチ」は、絵本を天井に映し出すプロジェクター。

画像とお話で、寝かしつけの絵本タイムを親子で楽しむことができるんです。

 

「動く絵本」と謳われているように動画ではなく、ゆっくりとした動きの静止画が切り替わりながら映し出される映像と、語り口やBGMは穏やかで心地よい眠りの世界にいざなってくれます。

 

また、字幕モードにすることで、聞き慣れたママ・パパの声で読み聞かせをしてあげることもできるんですよ。

 

現在発売されている「ドリーム スイッチ」には、通常の絵本版とディズニー版の2種類があります。

2種類のコンテンツ内容と違いについて

2種類のざっくりとした比較は下記の表のとおりです。
種   類
動く絵本版
ディズニー版
定   価

オープン価格

(参考:税別17,000円前後)

絵本の種類 35種類 30種類
童謡の種類 13種類 なし
その他のコンテンツ 14種類(英語の歌や物の名前など) 20種類
言語・字幕切替
日本語/英語・字幕ON/OFF 日本語・字幕ON/OFF
  童謡・その他:日本語/英語 一部コンテンツ:日本語/英語

 

動く絵本版の内容

「赤ずきん」「イソップ童話」などの世界の童話、「一寸法師」「さるかに合戦」などの日本の童話が全部で30種類、星座のお話が5種類、「大きな古時計」「森のくまさん」などの童謡が13種類、その他アルファベットや物の名前などのおたのしみコンテンツが14種類。

※すべて日本語と英語に切り替えることができます。

 

ディズニー版の内容

「ミッキーマウス」や「トイ・ストーリー」、「モンスターズ・インク」といったお馴染みのディズニーキャタクターの絵本が30作品分、アルファベットや物の名前などのコンテンツが11種類(このコンテンツのみ日本語と英語に切替可能)、ディズニーの歌やひつじの数え歌などのコンテンツが9種類。

購入者の口コミ

映像見たさに、子どもが自分から寝室に行くようになりました。

寝かしつけの時間が短縮されて、ゆっくりする時間ができました。

その他にも、「親の方が癒されてくつろげる」、「ドリーム スイッチの時間が親子の貴重なハッピータイムになりました」といった口コミがありました。

「ドリーム スイッチ」の使い方



プロジェクターとリモコンがセットになっており、プロジェクターのコンセントを差し込んでスイッチを入れれば起動します。

あとはお好みの場所に置いて、角度やピントを調整するだけ。
操作はリモコンでOKです。
コンテンツの違いはありますが、2種類とも本体の使い方については共通です。
なぜ本体は電池式や充電式ではなく、直接コンセントを差し込んで使うタイプなんだろうと思いませんか?
実は、せっかくの物語が、電池切れなどで途中で止まってしまわないように、とのメーカーの気遣いなんだそうですよ。

メリット&デメリット

メリット

  • リモコンで操作して自動で物語が進んでくれるので、手が塞がれない
  • 英語学習・睡眠学習で子どもの教育に役だつ
  • 親子で楽しめるコンテンツがたくさんある
  • 物語が終わるとオートで電源が切れるので自然に眠ることができる
  • 言葉が話せない時期から小学生低学年くらいまで長期間楽しむことができる

デメリット

  • 値段が少し高い
  • トイレに行ったりして停止にすると、一定時間が経つとオートで電源が切れてしまう
  • 毎回角度やピントの調整が必要
値段が少し高いと感じる方も多いと思います。
ディズニー版で計算してみたのですが、こちらには講談社のディズニーゴールド絵本から選ばれた30作品が収録されています。
この絵本は定価が438円30冊で13,140円という計算になります。
その他にも20種類のコンテンツが収録されていて、映像とBGMとお話しもしてくれる。
ということで、このお値段の価値はあります!
オートで電源が切れてしまうのは、メリットデメリットどちらとも取れますが、メリットの方が上回るかなという印象。
角度やピントの調整は慣れればそんなに大変ではありません。

親子の時間を楽しむために

寝かしつけの時間は親子の絆を深める絶好のチャンス!
子どもが喜んで寝室に向かってくれて、楽しみながら学習にもなる。
そして親も寝かしつけが労働ではなく、楽しみに変わっていきます。
おやすみ前の親子のハッピータイムを楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました