子供にGPSを埋め込みたいくらい心配なパパママに使って欲しい

育児
この記事は約9分で読めます。

子供がスクスクと成長して行くのは嬉しいですが、小学生でも高学年になるにつれて、1人で登下校することが増えてきたり、自宅から離れた場所住む友人の家に遊びに行くようになったりします。

元気に家を出たけれど無事に学校に着いたかなとか、帰宅時間が少し遅くなったりすると、事故に遭ったんじゃないか、と心配になってしまうことってありますよね。

 

子供の連れ去り事件のニュースが流れたりすると、とても他人事には思えないのよね・・・

 

かと言ってずっと子供に付きっ切りになるわけにもいかないし、どこに行ったのかすぐにGPSで探せるように、ペットのようにGPSを埋め込んでしまえたら・・・なんて思うパパママもいらっしゃるのでは?
しかし、現実には無理ですよね。

 

そんな” 自分の替わりに見守ってくれる何かを ”と考えている親御さんにおすすめするのが、子供に持たせる携帯型GPS端末です。

大切なお子さまをGPS端末で見守り 「soranome(ソラノメ)」
 

携帯電話を持たせればいいんじゃないの?

確かに携帯電話も便利なのですが、GPS検索の費用や、学校に持って行くことを考えるとおすすめできないんです。

この記事では、

  • 子供の見守り安全対策をするうえで大事なことと問題点
  • なぜ携帯電話ではなく、携帯型GPSなのか
  • シンプルで使いやすい携帯型GPS「soranome(ソラノメ)」をおすすめする理由
  • 子供だけじゃない!GPSの利用方法

といったことがわかります。

子供の見守り・安全対策と問題点


子供の安全対策で最低限必要なことは次の3つです。

  • 子供が今どこにいるのかすぐに把握できること(GPSの利用)
  • 子供からも連絡を取ることができること
  • 登下校にも使えるよう、学校で禁止になっていないこと

それはなぜなのか、我が家で実際に行っている対策とその問題点を実例を挙げて説明します。

子ども用携帯電話の活用

安全対策の一環として小学生の子供に携帯電話を持たせる家庭は多くなってきています。

 

レオナ
れおな

我が家でも小学1年生になった時に「子ども用携帯電話」を持たせました。

子ども用携帯電話のメリット
登録している電話番号にしか、かけたりかかってきたりができないし、インターネットへの接続もできないので、余計なトラブルに巻き込まれる心配がない
GPS機能を使ってどこにいるのか調べることができる
しかし、重大なデメリットがあるんです。
日本の小学校の約9割は原則、携帯電話の持ち込みが禁止されており、息子の小学校も同様に禁止になっている。
GPSを利用すると本体の利用料にプラスして別料金が必要。
例えばD社の場合・・・位置検索をする為のサービスに月額200円位置検索するたびに1回5円かかる

塾や習い事のときや、遊びに行くときに携帯電話を持たせることはできるのですが、毎日の登下校の際に持たすことができないのは困りますし、GPSを利用するのに毎回料金がかかってしまうのはちょっと考えてしまいますよね。

登下校の際にメール連絡が来るシステムの加入

子供が小さな端末やカードを持ち、学校に設置された読み取り装置を通過すると、登録されたアドレス宛にメールが届くといったシステムを採用している小学校は多いようです。
(費用が発生するので、加入するかどうかは任意)

そのタイプも、小さな端末をランドセルに入れておき、読み取り装置を通過するだけで読み取るもの、クレジットカードのようなカードを持ち、自ら読み取り装置にかざすという仕組みのものなど、さまざまなものがあります。

レオナ
れおな

息子の小学校はカード式を採用しており、我が家でもこのシステムにも加入しています。

通っている学習塾も同じようにカードを通すことで入退室管理し、親にメールを送ってくれるシステムがあります。

 

メリットというか元々の目的なのですが

無事に到着したとか、いつ出たということをメールで知らせてくれる。
しかし、こちらもデメリットがあります。
途中で何かが起こっても、子供から連絡することができない上、GPS機能がないので子供の居場所の特定ができない。
カードをかざすシステムの場合、子供がカードをかざし忘れると連絡が来ないので、何かあったのか、ただ単に忘れているのかの判断ができず、余計に心配になる。

要するに学校への到着と学校からの出発の合図をメールで送ってくれるだけの機能であり、子供がきちんと運用してくれないことにはその役目すら果たせないということになります。

 


私の住んでいる地域でこんなことが起こりました。

昨年、息子の登校時間と重なって大きな地震がありました。

その際、まだ小学校までには距離があり、中学校の方が近い位置にあったので、中学校の校庭に一時避難していました。

そうとは知らない私は、学校に着く予定の時間になってもメールは入らないし、地震があったのに、どこでどうしているのか、わからない状況でとても心配になり、ママ友と連絡を取り合った結果、ようやく中学校にいることがわかりました。

最終的に「中学校の校庭で待機中」という小学校からの連絡は、私が知ったかなり後からでした。

 

このことを踏まえて、子供の安全対策で最低限必要な3つのことを叶えてくれるサービスがあります。

子供の見守り・携帯型GPSサービス【soranome(ソラノメ)】



携帯型GPS「soranome(ソラノメ)」をおすすめする理由

6つのおすすめポイント!

  • GPS検索に別料金がかからない
  • 面倒な操作が不要 シンプルで使いやすい
  • 通知エリアを設定するだけでスマホにプッシュ通知
  • 子供が困った時にSOS送信ができる
  • 最大30日前までの履歴確認が可能
  • 約1週間充電しなくても大丈夫
それぞれ詳しく解説していきますね。

GPS検索に別料金がかからない

何といっても私がおすすめする最大の理由がこれ!

月額490円だけで、何度位置検索をしても料金がかからないんです。

「soranome(ソラノメ)」GPS端末を使用した子ども見守り用サービス

子供の安全の為とは言え、料金を気にせず使えるのはとっても助かりますよね。

面倒な操作が不要

スマホのアプリをインストールするだけで、すぐに見守りがスタートできるという簡単仕様。

操作が苦手な方でも簡単に使うことができるんです。

 

子供の方は約5㎝四方で厚さが1.5㎜、わずか39グラムの小さな端末を持つだけ!

 

レオナ
れおな

かわいい4色の中からカバーが選べて、おしゃれなキーホルダーのようにランドセルにぶら下げることもできるんですよ。

 

遊びに行くときに持たせるのが難しいなぁと思ったら洋服に埋め込み用のポケットを作るのもいいですね。


通知エリアを事前に設定するだけでスマホへプッシュ通知

学校や塾、習い事など、最大10か所の通知エリアを設定でき、子供が通知エリアに入ったらスマホへプッシュ通知でお知らせしてくれます。

学校や塾に着いたかな、もう出たかな、とその都度確認する必要がありません。

 

レオナ
れおな

無事に到着・出発したことがわかると一安心ですよね。

子供が困ったときにSOS送信ができる

GPS専用の端末だと、携帯電話と違って子供の方から連絡ができないので心配だわ・・・

という方もいらっしゃると思いますが、そんなときも大丈夫。

 

道がわからなくなってしまったとか、保護者に連絡したいという時には、「soranome(ソラノメ)」本体のボタンを押すだけで、登録しているスマホにSOS通知が届きます

 

最大30日前まで履歴確認が可能

無事に到着したけれど、いつもちゃんとしたルートを通っているんだろうか・・・と心配になることはありませんか?

「soranome(ソラノメ)」は、最大で30日前まで履歴を残すことができます。

塾に行くときやお友達の家に行くときにどんなルートを通っているのか、昨日と今日は違うルートを通っていないだろうかと確認することができるんです。

 

充電しなくても1週間は使用OK

子どもが持っていると、ついつい充電し忘れてしまうことがありますよね。

「soranome(ソラノメ)」は、およそ1週間、充電しなくても使うことができます。

 

レオナ
れおな

万が一充電を忘れていても、電池が少なくなってきたら、保護者のアプリにお知らせが届くので安心です。

 

利用料金は?

前述でも少し触れましたが、毎月の利用料金は490円(税別)だけ。

GPSの位置検索を何度やってもこれ以上の料金はかかりません。


最初に端末代金が13,200円(550円×24回の分割払いも可能:税別)と初期事務手数料が3,000円(税別)がかかりますが、6年間利用した場合、総額で51,480円となります。
 

現在、筆者が使っている2つのサービスの利用料金を簡単に計算してみると

本体価格 年間利用料 GPSサービス利用料
D社キッズ携帯 プランにより0円 プランにより6,000円

(月500円×12)

年2,400円

(月200円×12)

登下校通知サービス 500円(初回のみ) 3,000円
(税別)

これを6年間利用したとすると全部合わせて68,900円(税別)、そしてこれプラスGPSで位置検索するたびに1回5円がかかるんです。

しかも、携帯については、プランによってはその他の付帯料金で上記以上になる場合もあります。

子供以外にこんなGPSの利用方法もあります

せっかく端末代金を払ったのに、子どもが大きくなったら使わなくなるしなぁ・・・

という方にはこんな利用方法がありますよ!

ペットの首輪などにつけておく

ワンちゃんなど、おうちで一緒に生活しているペットの首輪などにつけておくと、万が一迷子になってもGPSを使ってすぐに見つけることができます。

一般的にペットの迷子対策で使われている、マイクロチップを体に埋め込むのには抵抗があるという方にもおすすめです。

 

自転車などにつけておく

自転車や大切な持ち物などにつけておけば、万が一盗まれた場合や、どこかで落としてしまった場合でもGPSで場所の検索ができるんです。

 

子供用GPSの利用で少しでも危険を回避しましょう

小学生の携帯電話の、学校持ち込み原則禁止としていた文部科学省も、遠距離のみ緩和する方向になってきてはいますが、まだまだすべての子供ということにはならないようです。

 

子供が危険にさらされるかもしれない状況は、待ってはくれません。

\詳しいサービス内容はこちらから/



大切なお子さまをGPS端末で見守り 「soranome(ソラノメ)」

コメント

タイトルとURLをコピーしました