海外ドラマ「SUITS/スーツ」シーズン1 感想【リーガルドラマ・ネタバレ有】

SUITES/スーツ
この記事は約9分で読めます。

ニューヨークを舞台に、少し鼻につくが有能な弁護士ハーヴィーと驚異的な映像記憶能力を持つマイクのコンビが、様々な訴訟に挑んでいくリーガルドラマ。

2011年にスタートし、全9シーズンが放送されたこの作品は、おしゃれな街ニューヨークでおしゃれな弁護士たちが活躍する物語です。

リーガルドラマといっても法廷シーンが多かったり難しい専門用語を羅列するようなドラマではなく、ヒューマンドラマとして肩肘張らずに楽しめますよ。

キャストたちのファッションにも注目!!

 

今回はシーズン1を視聴した感想をネタバレ有でお届けします。

スポンサーリンク

海外ドラマ「SUITS/スーツ」シーズン1 感想(ネタバレ有)

敏腕弁護士ハーヴィー&驚異的な能力を持つマイクのイケメンコンビ誕生!

まずは、この物語の始まりを簡単に。。。

 

ニューヨークの大手弁護士事務所「ピアソン・ハードマン」に勤務する若き敏腕弁護士のハーヴィー・スペクター(演:ガブリエル・マクト)

人を小馬鹿にしたような態度で少々高慢なところもあるけれど、上司のジェシカ・ピアソンに一目置かれているやり手の弁護士。

元来一匹オオカミのハーヴィーですが、ジェシカにシニアパートナーに昇格することを条件にアソシエイトを雇うよう指示され、渋々ホテルで面接を行うことにします。

そこに突然やってきたのがマイク・ロス(演:パトリック・J・アダムス)

1度見た物は完璧に覚えて、決して忘れないという映像記憶能力を持つマイクは、祖母の入院費を稼ぐために、友人からマリファナの運び屋を引き受け、取引の為に指定されたホテルにやってきます。

そのホテルがたまたまハーヴィーが面接を行っていたホテルだったのです。

 

しかし、指定された部屋のフロアにやってきたマイクは、そこにいた男たちの様子から、警察のおとり捜査だと見抜き、逃亡します。

そして逃げ込んだ部屋が、偶然ハーヴィーの面接会場だったことから運命の出会いを果たした2人。

 

マイクはロースクールを出てはいないけれど、記憶力と洞察力を買い、アソシエイトとして採用を決めるのです。

しかし、弁護士事務所「ピアソン・ハードマン」ではハーバード出身者しか採用しないという暗黙のルールがあるため、経歴を詐称することに・・・

 

しかし、実はマイクは司法試験にも合格していないことをハーヴィーに隠していたのです。。。

 

SUITS/スーツ トレーラー

個性的な事務所の面々

NYでも屈指の弁護士事務所「ピアソン・ハードマン」には他にも個性的な面々が在籍しています。

ジェシカ・ピアソン(演:ジーナ・トーレス)

弁護士事務所「ピアソン・ハードマン」の経営者。 冷静沈着で頼れる上司です。

ハーヴィーの才能を見抜き、郵便係だった彼をハーバードに通わせ弁護士になるまでの援助をしてきたということもあり、やんちゃなところもあるハーヴィーを厳しくも温かく見守る母のような面を見せることも。。。

ルイス・リット(演:リック・ホフマン)

新人アソシエイトの教育係であるルイス・リットは、弁護士としては優秀なのですが、相当ひねくれた性格で、他人との関係を上手く築くことができません。

アソシエイトたちにきつく当たることでうっぷん晴らしをしている、とってもイヤな中間管理職。

ハーヴィーとも犬猿の仲で、すぐにぶつかってしまいます。

レイチェル・ゼイン(演:メーガン・マークル)

弁護士の父親を持つ、優秀なパラリーガル。

弁護士志望で、頭もいいですが、ロースクールの試験を受けることが苦手でいまだにパラリーガルに甘んじています。

ドナ・ポールセン(演:サラ・ラファティー)

ハーヴィーが検事だったころからの知り合いで、長年ハーヴィーの有能な秘書として一緒に働いています。

人の心を読む能力に長けており、事務所内の人間関係をスムーズにする役割も持っているのです。

スタイリッシュでかっこいい

何といってもスマートで優秀なハーヴィーと、がむしゃらに仕事をこなすマイクのイケメンコンビの会話がとてもスタイリッシュでかっこいいよくて、テンポがいいんです。

 

ハーヴィーは多少鼻に着くところもありますが、これだけ仕事ができれば多少のことは許してしまうだろうなと思えるカッコよさ。

そして、映像記憶能力という特殊な能力を友人の試験の替え玉という形でしか発揮できていなかったマイクにとって、ハーヴィーとの出会いは正に一世一代のチャンス!

必死でハーヴィーに食らいついていく姿は、思わず応援してしまいたくなってしまいます。

また、彼らが所属している弁護士事務所「ピアソン・ハードマン」の個性的な面々もいい味出しています。

 

まずは、新人アソシエイトを取りまとめているルイス・リット。

大勢いるアソシエイトから煙たがられていることを知りながらも、その嫌味な性格はとどまる事を知らず、ハーヴィーとも犬猿の仲なんです。

とにかく最初はイヤなやつとしか思えないルイスですが、ストーリーが進んでいくにつれて、意外とそうでもないのかも・・・と思わせてくれる場面もちらほら出てきます。

ともかく、弁護士としては優秀だけれども、不器用なことは間違いないでしょう。

そして、マイクが初対面から気に入っているパラリーガルのレイチェル・ゼイン。

試験となるとその能力が発揮できず、ロースクールに通うことができていないことからパラリーガルとして働いていますが、その能力は優秀で、パラリーガルでありながら個室を与えられています。

最初はマイクのことを毛嫌いしていたレイチェルも、まんざらでもなさそうな雰囲気に。。。 この2人の恋愛模様も見逃せません。

 

このドラマをスタイリッシュにしている要因のひとつとして、キャストのファッションがあります。

特にジェシカやドナは、色もデザインも、とってもステキなんですよね。

私でも取り入れることができる部分があるのではないかと毎回とても楽しみなんです。

無料で「SUITS/スーツ」を観る方法

今なら「Amazonプライム」「U-NEXT」「Hulu 」で無料視聴できます!

\「Amazonプライム」30日間無料体験はこちら/

U-NEXT」31日間無料体験はこちら/

Hulu 」2週間無料体験はこちら/

 

キャストたちのトリビア

この話は有名すぎてトリビアではないかもしれませんが・・・

 

この投稿をInstagramで見る

“After many months of reflection and internal discussions, we have chosen to make a transition this year in starting to carve out a progressive new role within this institution. We intend to step back as ‘senior’ members of the Royal Family and work to become financially independent, while continuing to fully support Her Majesty The Queen. It is with your encouragement, particularly over the last few years, that we feel prepared to make this adjustment. We now plan to balance our time between the United Kingdom and North America, continuing to honour our duty to The Queen, the Commonwealth, and our patronages. This geographic balance will enable us to raise our son with an appreciation for the royal tradition into which he was born, while also providing our family with the space to focus on the next chapter, including the launch of our new charitable entity. We look forward to sharing the full details of this exciting next step in due course, as we continue to collaborate with Her Majesty The Queen, The Prince of Wales, The Duke of Cambridge and all relevant parties. Until then, please accept our deepest thanks for your continued support.” – The Duke and Duchess of Sussex For more information, please visit sussexroyal.com (link in bio) Image © PA

The Duke and Duchess of Sussex(@sussexroyal)がシェアした投稿 –

 

レイチェル・ゼイン役のメーガン・マークル。 2018年5月19日にイギリスのヘンリー王子とご成婚して、サセックス侯爵夫人となりました。

アメリカの女優で離婚歴もあるメーガンのロイヤルウェディングに驚いた人も多かったんですよね。

 

結婚式には「SUITS/スーツ」のキャストたちも参列してとても豪華でした。


コメント

タイトルとURLをコピーしました